美味しくて手軽な『かちゅー湯』ズボラな人に最適なので作り方を解説

レシピ

沖縄で古くから愛されている『かちゅー湯』知ってますか?


みなさん こんにちは!
アナログ中年のマルキライトです。

結論から言うと簡単に作れる即席みそ汁のことで、かちゅーとはかつおを意味しています。

かちゅー湯=即席みそ汁
かちゅー=かつお

お椀にかつお節と味噌を入れ、お湯を注ぐと即席みそ汁の完成!
それが『かちゅー湯』なのです。

そんな『かちゅー湯』の作り方を個人的な見解も含めて紹介するので、私みたいなズボラな方!参考になれば幸いです。

かちゅー湯の作り方

まず お椀にかつお節を入れますが薄削りがオススメ。ダシだけでなく そのままかつお節を具として頂くためです。

かつお節を具として頂く(子供も好んで食べます)

といっても厚削りでもOK!
幼少の頃は、実家は厚削りしかありませんでした。家にあるものを使用しましょう。

マルキライト
マルキライト

基本は手軽さです!

味噌を入れます。
かつお節もそうですが量は適当です。
細かく考えると『かちゅー湯』の手軽さが消えてしまいます。

マルキライト
マルキライト

基本は手軽さです!

これだけでOKですが、お好みで具材を入れます。

1番シンプルなのは青ネギですが何でもけっこうです。ただ入れすぎるとぬるいかちゅー湯になるので注意!今回は冷蔵庫にあった長ネギを入れました。

最後にお湯を入れます。
個人的な見解ですが、まずは少しのお湯を入れて味噌を溶かします。

何故かって…
インスタントみそ汁でこんな経験はありませんか?

最初からお湯を全部入れると…

マルキライト
マルキライト

あっ!溶けきれてない味噌が残っている

『かちゅー湯』は特にそうなりがちなので注意しましょう!

最初からお湯を全部入れると、綺麗に味噌が溶けない傾向がある


そしてもう1つの理由…

最初からお湯を全部入れて味噌を溶かす行為は、かちゅー湯を冷ます行為になるからです。

温かいままで頂きたいですよね…

味噌を溶かして再びお湯をたし、軽く混ぜたら完成です。

簡単でしょ?

今回はシンプルな『かちゅー湯』を取り上げましたが、家庭によって味や具材にオリジナリティがあります。

記事を書く前に いろいろ調べてみましたが、梅干し・ゴマ・にんにく・卵・生姜なども使われているようです。

独自のお好みで いろいろ具材を試すのも面白いを思います。

具材はお好みで入れましょう。
入れすぎて、ぬるくなるのは注意!

たまに市販のインスタントみそ汁を家や職場で飲んだりしますが、我が家が安いものを使っているせいなのか『かちゅー湯』が断然ウマい!

さらに付け加えると二日酔いの朝に飲んだ時、胃に染み渡る感覚は最高ですよ~

インスタントみそ汁がない時代…
沖縄の先人たちが、作り出した発想に感謝します。

※沖縄の『かちゅー湯』を取り上げましたが、今の若い世代には分からない可能性もあります。

マルキライト
マルキライト

次の記事で会いましょう!

マルキライト

アナログ中年マルキライトです。

2024年で50歳になりますが、
スマホを手にしたのは だいぶ遅く
超アナログな中年です。

このままじゃマズいと思い、
いろいろ行動を起こしています。

当サイトでは、
沖縄のローカルな食堂を中心に
観光スポット、中年つまみレシピを
紹介しています。

ちなみにマルキライトの画像は
息子が幼い頃に
お面をつけたものです。

宜しくお願いします。

マルキライトをフォローする
レシピ
マルキライトをフォローする
アナログ中年 マルキライトのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました