【琉珉(リュウミン)】名護市にあるトマトラーメンが有名なお店を紹介!

名護市

みなさん こんにちは!
アナログ中年のマルキライトです。

今回紹介するお店は、名護市にある
【琉珉(りゅうみん)】
トマト好きにはたまらない中華屋さんです。

実際に行ってまいりましたので
まだ行かれてない方が
参考になれば幸いです。

お店の雰囲気

こちらは正面の入口。
外観は自然に溢れていて、
来客を和ませてくれます。

正面だけでなく周囲が緑に囲まれおり
店主の人柄まで伝わる感じです。

お店の看板がないと
飲食店と気づかれないでは?
とさえ思わされます。

テーブルのみで12人は入れる広さ。
こぢんまりとした店内ですが、
外でも食べられるような
2人用のテーブル席もありました。

看板メニュー

琉珉の看板メニューを紹介しますが、
味の感想は好みで だいぶ違うと思います。
それはトマトを使ったラーメンだからです。

①トマトラーメン

【トマトラーメン】730円

特に女性受けが良く、
暑い日にも好まれそうな
さっぱりとした味わい!

けっこう古くからある【琉珉】ですが、
トマトラーメンを開発した
当時の発想に驚きを感じます。

ただ人には好みもあるので、
トマトが苦手な方や
こってりラーメンが好きな方には
満足できないのではないでしょうか。

②琉珉ラーメン

【琉珉ラーメン】730円

香味野菜とニンニク・ショウガ等を
炒めて似出した豚骨系醤油スープは
とろみがあり独特な美味しさがあります。

麺は細目ですが、柔らかく
チンゲンサイと歯ごたえのある
チャーシューが乗ってありました。

その他 今回食べたメニュー

家族4人でお邪魔しましたが、
その他に食べたメニューを紹介します。

【ガーリックチャーハン】680円

ガツンとガーリックコショウが効いて
これぞラーメン屋のチャーハン

って感じです。

私好みの味でして
個人的に1番の高評価をつけたいです。

【韓式じゃーじゃ麺】680円

私の地元、名護市では
あまり食べる機会がない
『ジャージャー麵』

韓国のドラマでよく見る光景が 
思い浮かびチャレンジ!

ピリ辛でモチモチした食感は初体験でしたが
クセになる美味しさがあります。

メニュー表

今回食べたもの以外のメニューを
撮ってみました。

写真だけでは伝わらないと思いますが、
主要なものをピックアップして
補足説明してあります。

①トマトメニュー

先ほど紹介した看板メニューの
トマトラーメンですが、
いろいろとトッピングがあるので
まとめてみました。

ビーフトマトラーメン     890円
ビーフステーキトマトラーメン 930円
チーズトマト麺        800円
スパイシートマト麺      830円
羊肉のトマトラーメン     930円
カキ天トマトラーメン     950円
冷製ジャージャー麵      730円
(トマトメイン)

②羊肉メニュー

こちらも店主が開発したメニュー
ジンギスカンラーメン!
探求心が旺盛ですよね。

羊肉を使ったものはラーメンだけでなく、
焼肉定食や青野菜炒めもあるようです。

③定食メニュー

ざっと定食系を乗せてみました。

マトン焼肉は羊肉らしいです。

④その他メニュー

トマトラーメンやジンギスカンラーメンと
変わったメニューだけでなく
通常の醤油ラーメンなど
お手頃な価格で提供されています。

こちらから下はサイドメニューや
デザート・トッピングメニューとなります。

緑に囲まれたこぢんまりとお店
【琉珉】
さっぱりした味わいのトマトラーメンを
ぜひ食べに足を運んでみて下さい。

マルキライト
マルキライト

次の記事で会いましょう!

アクセス

〒905-0005
沖縄県名護市為又266-4
電話番号 0980-53-5182
営業時間 11:30~16:00
     17:00~21:00
定休日  水曜日
駐車場  あり
時間表示やメニューは変化があるので、
確認は必要です

アナログ中年マルキライトです。

2024年で50歳になりますが、
スマホを手にしたのは だいぶ遅く
超アナログな中年です。

このままじゃマズいと思い、
いろいろ行動を起こしています。

当サイトでは、
沖縄のローカルな食堂を中心に
観光スポット、中年つまみレシピを
紹介しています。

ちなみにマルキライトの画像は
息子が幼い頃に
お面をつけたものです。

宜しくお願いします。

マルキライトをフォローする
名護市
マルキライトをフォローする
アナログ中年 マルキライトのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました