美味しくて簡単な魚のあら汁を作る【休日の朝食が楽しみ①】

レシピ

みなさんこんにちは!
アナログ中年のマルキライトです。

昨日 魚のあらが手に入り、あら汁を作ってみました。普通 あら汁は味噌が中心ですが、なんとなく塩味が食べたくて挑戦してみました。

このレシピはあくまでも我流です

いろいろ調べてみると…
味噌で味付けされたものをあら汁
魚の身も使い 塩などでシンプルな味付けを潮(うしお)汁と呼ぶそうです。

また魚を湯通しして、臭みなどを取り除くひと手間も必要ですが、私の場合 一切しておりません。

あくまでも素人が簡単に作るレシピです。

スーパーで あらは比較的安く売られているので、気の向いた方は参考にして頂けると幸いです。

今回 使用する魚(あら)

頂いたあらは、沖縄の方言でマチ (タイクチャーマチ) という魚です。

マチ(タイクチャーマチ)
和名:おおくちいしちびき

沖縄の方言名で〇〇マチとつく魚は多く、アカマチ、シチューマチ、クルキンマチ、オーマチなどが代表的です。その中でもアカマチは高級魚とされていて、それ以外はマチひとくくりされてしまいがちです。

今回使用するのは沖縄 独特の魚ですが、お店に並べられている魚のあらは基本 全て同じ方法です。

あら=だしメイン?身がメイン?

私のあら汁の場合…
魚の旨味をだしとして堪能したいのか、
魚を身として食べたいのかで料理方法は変わります。

魚の旨味をだし中心にするなら、早めに鍋に投入。弱火でコトコト!
魚の身はすぐにホロホロになり、食べる身もほとんど崩れてしまいます。しかし、骨周りが中心なだけに味は深いものになります。

あらを身として食べたいなら、かつお節で だしをとり 魚を後半に投入!
弱火で火が通った時点で完成となります。魚自体 崩れやすいので、身を投入するタイミングがポイントです。

今回は身をしっかり頂きたいので、魚を後半に投入する料理法をします。(所詮あらなので、知れてはいますが…)

料理の手順

水の段階から昆布を投入。

だしとして昆布を使用する時は常温~60℃のイメージでいきましょう!(昆布なしでもOK)

温まって来たら昆布を取り除き、沸騰する直前で かつお節を投入!

沸騰させない状態で(火を止めても良い)2分ほど経過すれば、立派なだしとなります。

ダシが完成したら、魚のあらを投入!

魚に火がとおるまでコトコト弱火の状態にし、アクを取り除けば味付けに入ります。

味付けは塩と醤油!

水に対して1%未満の塩
(普段は適当です)

風味付けに醤油を少々…

塩と醤油を加え、弱火で身が崩れない程度に軽くコトコトしたら終了です。

休日の朝食が楽しみ①

私マルキライトは中年のオッサンなのに、不摂生で普段 朝食は取りません。

そんな中【休日の朝食は健康的で美味しいもの】を意識するようになりました。また それが楽しみになり、休みの前日から『明日の朝は何食べようかなぁ』みたいな感じになってます。

あら汁には島豆腐を追加!
ネギがあったら、もっと良かったけど…

頑張ってサバも焼いてみました。

私と同じ中年の皆様!
ゆっくりできる休日に、自分で朝食を作るのはいいもんですよ~

マルキライト
マルキライト

次の記事で会いましょう

マルキライト

アナログ中年マルキライトです。

2024年で50歳になりますが、
スマホを手にしたのは だいぶ遅く
超アナログな中年です。

このままじゃマズいと思い、
いろいろ行動を起こしています。

当サイトでは、
沖縄のローカルな食堂を中心に
観光スポット、中年つまみレシピを
紹介しています。

ちなみにマルキライトの画像は
息子が幼い頃に
お面をつけたものです。

宜しくお願いします。

マルキライトをフォローする
レシピ
マルキライトをフォローする
アナログ中年 マルキライトのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました